iPhone故障・トラブル 症状は様々

iPhoneトラブル 不調の原因は?

iPhoneの故障

一言にiPhoneの故障といっても、じつに様々な症状があります。

もっとも多い『ガラス割れ』から『充電ができない』、『音が聞こえない』などなど。

 

あなたのiPhoneトラブルはどんな状態?不具合の内容をチェックしてみましょう


ガラス割れ

iPhone故障 ガラス割れ

一番多いiPhone修理の内容が、フロントパネルのガラス割れです。

地面に落としてしまった衝撃や、ぶつけてしまう事で割れるケースが多いです。

ガラスパネルの交換で直すことができます。

但し落下の衝撃で本体フレームが凹んだり歪んでしまっている場合、フレーム側の矯正が必要になる場合もあります。

液晶パネルの破損やタッチセンサーの故障も同時に起こることがあります

 

また落下の衝撃が、その他の機能にも不具合を引き起こしていることもあるのでチェックが必要です。


タッチセンサー不良

iPhone故障 タッチセンサー不良

画面のタッチ操作が効かない、入力誤作動を起こすのがタッチセンサー不良です。

iPhoneを落したときの衝撃などで、ガラスは割れずに画面のタッチセンサーが断線してしまっていることもあります。

また水に浸けてしまった場合にも起こりやすいです。

フロンパネルの交換で直ることが多いです。

しかし落下のダメージでiPhoneの本体基盤が損傷していた場合はパーツ交換では改善しないこともあります。

 

タッチセンサーが使えないと、操作は元より、悪くするとデータのバックアップができない状況にもなります

故障の際には特に修理必須の箇所と言えるでしょう。


液晶破損

iPhone故障 液晶破損

「画面にずっと縦線が入る」、「色がおかしい」、「画面が映らない」、 といった画面の映りに関係する不具合が液晶破損です。

やはり落下の衝撃で故障することの多い場所になります。

 

『画面が映らない』とよく似た症状で、『電源が入らない』という故障があります。

違いは、画面は暗いのに音が鳴っていたり、バイブレーションは振動しているため、画面表示以外は機能してる点です。

液晶パネルの交換で復旧する場合がほとんどですが、やはりタッチセンサー不良と同様に本体基盤にダメージがある場合は、パーツ交換では改善しないこともあります。



充電不良

iPhone故障 充電できない

「充電ができない」、「バッテリーの減りが早い」、「電池残量があるのに電源が落ちてしまう」など、

iPhoneの電池に関わるトラブルも非常に多いです。

主な原因はバッテリーの劣化・故障と、充電口の故障が挙げられます。

他にも使用している充電ケーブルが壊れていたということもあるので注意が必要です。

 

充電の不具合はバッテリーの交換や充電口の交換で直ることが多いです。

また劣化したバッテリーを使い続けるとガスが溜まり膨らんでくることもあり、

充電不良と共にiPhoenの画面を内側から押し上げるといったトラブルにも発展するので注意が必要です。



水没・水濡れ

iPhone故障 水没

お風呂やトイレへ落としたり、飲み物をかけてしまったりといった、iPhoneトラブルのなかでも多いものが『水没』です。

iPhone内部へ浸水することにより起こる不具合全般です。

「電源が入らない」、「画面が映らない」、「タッチ操作が効かない」、原因は水濡れですが故障の症状は実にさまざまです

 

水没修理で共通してるのは内部に入り込んだ水を抜き、乾燥させてクリーニングをする処置です。

これにより水と電気による基盤の焦げ・腐食を食い止めます

乾燥処置後の状態によってはバッテリーを取り換えるなど 別途パーツ交換修理が必要になる場合もあります

 

また水没は、浸水具合によっては本体基盤の深部にまでダメージが残り、後々不具合が起こる可能性があります。

まずは内部データの救出を目的にすることが良いと思われます。

 



ボタンが効かない

iPhone故障 ボタン効かない

ホームボタン、スリープボタン(電源ボタン)、ボリュームボタンはiPhoneの数少ない物理的な操作ボタンです。

ボタンに関する不具合では、「押しても反応がない」、「ずっと押された状態になってしまう」、「ボタンが取れてしまった」といった症状がよく見られます。

 

iPhoneのボタンはサイズが小さいため、極小の内部部品が取れてしまうことがあります。

ボタンの不具合の多くは、内部パーツやボタンそのものの取り替えで復旧します


音が聞こえない・声が届かない

iPhone故障 音が聞こえない

音に関するものもiPhoneトラブルに多く見られます。

「着信や音楽がスピーカーから鳴らない」、「通話時に相手の声が聞こえない」、「通話時にこちらの声が相手に聞こえていない」

 原因はスピーカー故障の他に、マイク機能の故障、またはイヤホンジャックの不具合が関係しているといった場合もあります。

 

音は通話に関わることが多いため、通信機能まで疑惑の範囲が広がることもあり原因特定が難しい箇所とも言えます

まずは、どういう時に不具合がみられるのか、それをはっきりさせることが故障箇所の特定と修理に繋がります。

原因がはっきりすればスピーカーやマイクなど故障箇所の修理・復旧に進めます。



iPhoneが故障?と思ったら…

いかがでしたか?iPhoneの故障内容は多岐に渡り、同じ症状でも故障箇所が違うことがあります。

ここに挙げたものの他にもiPhoneトラブルの症例はまだまだあり、どこが故障しているのか自分で判断するのが難しいものもあります。

 

iPhoneの調子がおかしくなってしまった時は、

どういった時に(または常に)”、”どんな故障の症状”が出るのかを修理屋さんにお伝えください。 

あとは修理屋さんが原因を特定して修理し、きちんと説明をしてくれるはずです。

調子がおかしい?と感じたらできるだけ早めに見てもらうことが、スムーズなトラブル解決につながります。