iPhoneバッテリー・充電不具合


バッテリーの寿命は?

iPhoneを長く使ってくるとどうしても気になってくるのが”バッテリー”の持ちです。

アイフォンの内蔵バッテリーはリチウムイオン電池です。

繰り返し充電の使用回数が決まっているものなので、使えば使うほど劣化していきます

100%状態から0%になるまでの使用を 一回のサイクルとすると、およそ500回が限度と言われています。

日に何度も充電が必要になる使い方をされているiPhoneほど、早く寿命に達することになります。


不具合症状

iPhoneバッテリー・充電不具合

バッテリーの減りが早い

充電すると早く満タンになる

バッテリー残量が残っているのに電源が切れてしまう

充電ケーブルを挿しても充電中マークがつかない

充電中マークが点いているのにバッテリーが溜まらない

 

多くの場合、内蔵バッテリーの劣化により電池の持ちが悪くなります。

繰り返し使用による回数の寿命をはじめ、高温の場所に放置したり、家庭用コンセント以外で電流を流したことなどもバッテリー劣化の原因になります。

バッテリー単体が故障原因であれば、バッテリーを交換することで今後も長くiPhoneを使っていくことができます。

 

その他バッテリー以外では、充電の差し込み口(ドックコネクタ・Lightningコネクタ)が故障原因というケースもあります。

金具部分の接触が悪くなったり、内部で断線していることもあります。

こちらもバッテリー交換と同じように充電口の交換によって改善します。


バッテリー劣化は誰にでも 必ずおとずれる問題です。

iPhoneバッテリーは使い方によって劣化が早くなったり遅くなったりと様々ですので、まだ一年しか使っていないのに?

この間まで普通に使えていたのに? と思い込まないで早めの対処をしましょう。

特に愛用のiPhoneをまだまだ使っていくのなら、携帯型充電機をいっしょに持ち歩く煩わしさよりも早めのバッテリー交換をオススメします。